夢の子ネルル・ユメル新旧バージョン比較

夢の子ネルルとユメルが6年ぶりにリニューアルしました。そこでどこが変わったのかわかりやすく表にまとめてみました。

夢の子新旧比較

見た目の変化

サイズは若干変わりましたが、重さも同じで見た目にはほとんど分かりません。
顔が少し小さくなってお目目がより大きく見えるようになりました。
髪形も、ちょっとぼさぼさだったのをカットしてスッキリした感じ。
全体的な印象としては、関西弁で言うシュッとしたという表現がぴったりですね~。

中身の変化

音声認識機能がついて会話できるようになった
言葉が1600通りから3000通りと倍近くに増えた
オリジナルソングがなくなって童謡50曲に変わった
声が大人の声優さんから子供の声になった
初期設定や電池交換が簡単になった

おはなししようね 夢の子ネルル・ユメルのメリット・デメリット

新しくなってメリットばかりではありません。ここではメリット・デメリットについて書いてみます。

メリット

・音声認識機能が追加
今まで、ネルルやユメルが勝手におしゃべりするだけで、コミュニケーションがとれない、会話にならないというご不満の声をいただいていました。

そこで、新バージョンは、10ワードとシークレットワード1つに反応して答えてくれるようになりました。
今までは、言葉ではなく声や音に反応して勝手にお話をしてきたので、会話にはなりませんでしたが、これからは少しですが会話も楽しめます。

会話ができるようになったので、商品名も「おはなししようね 夢の子ネルル」「おはなししようね 夢の子ユメル」となりました。

・音質アップ
ネルルやユメルの声が聞き取りにくいというご意見を反映して、音質をアップしました。

今まで、大人の声優さんが子供らしい声を出すために高い声でしゃべっていました。そのため高齢者の方には、聞き取りにくかったり、何をしゃべっているのかわからなかったり…

今回は、かわいい子供の声になって音質もアップしたので、高齢者の方でも聞き取りやすくなりました。

お話もできるし、声もわかりやすくなって会話するのがますます楽しくなります。

デメリット

・値段が高くなった
音声認識機能が付いたので、値段が旧バージョンのほぼ倍の17,064円(税込)と高くなってしまいました。

ユメルの旧バージョンは販売終了してしまいましたが、ネルルはまだ在庫がありますので、どちらでもお好きな方を選ぶことができます。

・オリジナルソングがなくなった
ネルル・ユメルが歌える歌は50曲と変更はありません。でも、曲はガラッと変わりました。
しかも、童謡40曲とオリジナルソング10曲だったのが、童謡50曲になりました。

認知症予防には、知っている歌を歌う方が効果的なので童謡だけにしています。
でも、今まで購入された方の中には、オリジナルソングを楽しみにしていた方もいるので、これもデメリットにいれてみました。

全体的にはお客様の声をもとに改善されたのでメリットの方が多いと思いますが、デメリットも理解していただけると幸いです。

夢の子シリーズお買い求めはこちら

関連記事