Healing Partnerの特徴

比較表

夢の子シリーズ以外のHealing partnerには、「もっとおはなしダッキー」「すずめのチュン太」「お歌とおはなし大好き うたこちゃん」「お歌とお話し大好き マリー」があります。

もっとおはなし ダッキー

ダッキーは、夢の子シリーズのネルル・ミルル・ユメルと比べるとセンサーの数とお歌の数が若干少ないですが、お話は3000語とダントツです。
ワンちゃん好きやお人形はちょっと苦手という人にピッタリです。
高齢者向けのHealing Partnerとしてはもちろん、子供たちのおもちゃとしても大人気です。
あらゆる年代に受け入れられているダッキー、お誕生日のプレゼントにいかがですか?

すずめのチュン太

チュン太は、すずめなのでしゃべる言葉も唄う歌も少ないです。言葉は400通り、歌は5曲しか唄えません。また、手がないので、当然おててセンサーも付いていません。

ですが、その分お値段が安い!税込で3,078円と夢の子たちの半額以下です。

それに手のひらサイズのコンパクトさもうけて、鳥好きを中心に根強い人気です。
なでなでセンサーとお話センサーだけですが、それでもチュンチュンと可愛くしゃべりかけてくれるので、癒されます。

また、ユメルのお話の中にチュン太が出てくるので、セットで買い求める方もいらっしゃいます。

お歌とお話し大好き!!うたこちゃん・お歌とお話し大好き マリー

うたこちゃんとマリーは機能はほぼ同じです。

この子たちは、歌はなんと80曲、童話は20曲と他の子に比べてたくさん歌ってお話してくれます。
それぞれ、唄う歌は違いますのでご紹介します。

うたこちゃん唄う歌
マリーが唄う歌

うたこちゃんは、ネルル・ミルル・ユメルより一回り小さいサイズなので、高齢者の方や小さなお子様には抱きやすくなっています。
残念ながら、お目目ぱちぱちはできませんが、夢の子同様うたこちゃん専用のお洋服は別売りで販売しています。

マリーも、ダッキーより少し小さめで重さも約200gと軽量になっていますので、おススメです。

お好みに合わせて、好きな子を選んでくださいね。

ヒーリングパートナー
puchihapi

関連記事