認知症予防にエアロビクス!

エアロビクス
認知症予防に有酸素運動が効果的と言われています。
有酸素運動には、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、スイミングなどがありますが、特にエアロビクスは認知症予防に効果的です。

脳には海馬と呼ばれる記憶をつかさどる器官があります。
高齢になると、この機能が低下して物忘れがひどくなります。

カナダの大学では、6か月間、週2回エアロビクスを実施した結果、初期の認知症患者の海馬機能が改善されたと報告されています。
また、アメリカの大学では、1年間、週3回のエアロビクスをした人は、記憶力のテストが3%向上したという報告もあります。

なぜエアロビクスが効果的?

エアロビクスは、音楽に合わせていろいろなステップを踏みながら、手も動かします。
インストラクターはビジュアルプレビューで先に動きを見せてくれますが、時には言葉だけで指示をすることもあります。
そんな時、受け手側は、インストラクターの次は○○ですという言葉に反応し、即座に判断、それを実践しなければなりません。
足の動きだけならまだしも、これに手の動きが加わるのですから、脳はフル稼働です。
これで、脳の血流量が増加し、活性化され、認知症を防ぐことができます。

また、適度な運動をすることで、肥満や高血圧などの認知症の原因となる生活習慣病の予防にもなります。

体力に合わせてレッスンが選べる!

運動が効果的なことはわかっているけど、体力がないとか今から始めてもついていけないとかいう意見も聞かれます。
どの運動でも自分の能力に合わせて、調整できますが、エアロビクスも同じです。
レッスンは、初心者向けのクラスから上級クラスまで分かれていますし、その中でも歩くだけのクラスや走るクラス、筋トレとエアロビクスを組み合わせたクラスもあります。
自分の体力や能力に合わせてクラスは選び放題です。
高齢者の方ならウォーキングのクラス(元気な方はもちろん走るクラスにも参加していますが)、体力向上が目的の人ならガンガン走るクラス、認知症予防なら手振りもついた難度の高いクラスなどあります。

ジムが張り合いに!

また、エアロビクスはグループエクササイズなので、皆で楽しく運動するということも認知症予防の大きな要因となっています。

ジムに来ている人たちは、だいたい受けるレッスンが決まっている人が多く、何曜日のこの時間のレッスンを受けるという目的があります。
毎週予定が決まっているので、外に出かけるきっかけにもなりますし、なによりそれが楽しみになって日常生活にもハリがでてきます。
レッスンに出ている顔ぶれはほぼ同じなので、友達も増え認知症予防に効果的なおしゃべりをする機会も増えます。
>>おしゃべりで認知症予防はこちら

お弁当持参でジムに来て、レッスン受けた後に食事をしながら楽しくおしゃべりしている方もよく見かけます。
私の知っているところでは、80歳を超えてエアロビクスを受けている方もいらっしゃいますが、足腰もしっかりしているし、生き生きしていて、とてもそんな年齢には思えません。
私もああいう風になりたいな~と思います。

最近はジムでもヨガ系のレッスンやプレコリオ(事前に振りつけられたプログラム)のレッスンが増えています。
確かに、ヨガやプレコリオでも効果はありますが、やはり毎週振りが変わったり、次はどんな動きが出てくるのかドキドキしたりしながら受けるエアロビクスの方が認知症予防には効果があると思います。

全国的にエアロビクスのレッスンが縮小傾向になっていますが、認知症予防の意味でもぜひレッスンを増やしてほしいものですね。

関連記事